さんかく畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀勢線その2

<<   作成日時 : 2009/04/03 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像白浜駅から見える桜は見頃を向かえていた。

















画像見老津と言う駅は紀勢線の中でも海に近い駅と思う。


















画像本州最南端の駅である串本は気象情報に良く出てくる潮岬(しおのみさき)がある町だ。


















画像串本を出ると橋杭岩と呼ばれる景勝地が車窓から見える。



















画像海岸沿いを走る路線なので景色はまずまずだが、使用車両がロングシートのみの車両でなければもっと良かった。



















画像新宮で乗り換え。ここまでは電化されていてJR西日本であったが、この先は非電化単線のJR東海の列車に乗ることになる。



















画像熊野市駅では数分間停車。腹減ってきたので何か買いたいところだが我慢した。



















画像大泊の駅の近くに清滝という滝があり紀勢本線の車内から見えた。




















画像大泊駅を出て暫くすると線路と海の間の僅かな平らな土地を利用して水田が存在した。おじいちゃんが耕運機で耕していた。



















画像大曽根浦駅を出ると鳥居が見える島がある。弁財島という島だ。




















画像尾鷲では特急とすれ違った。特急の方が尾鷲には3分程先に到着して普通列車を待つような形になっている。

紀伊長島を過ぎトンネルを抜けると梅ヶ谷である。先ほどと違って内陸を走るので海はもう見えなくなっている。

















画像列車はやがて終着多気に着く。亀山行き普通列車に乗り換える。学生が乗車しているので少し賑やかだ。



















画像松阪で後から来る快速列車に乗り換える。待ち時間を利用して金を下ろす。

ここは近鉄の路線と競合していてJRは圧倒的に不利のようだ。松阪牛の駅弁を売っていたみたいだが、買わなかった。せっかくだから買えばよかった。














画像快速「みえ」名古屋行きに乗車。快速には珍しく一部指定席の座席が存在する。

快速は津から伊勢鉄道に入る。つまり18きっぷが利用できない区間であるため別料金が発生する。まあ、亀山経由より時間短縮が出来るのでその分だけお徳だ。















画像名古屋から東海道線の快速や普通を乗り継いで家路に着いた。静岡から乗った列車はながら」で使用された車両だった。今は臨時化され使用車両も違うようだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紀勢線その2 さんかく畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる