さんかく畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 只見線に乗車 その1

<<   作成日時 : 2017/03/28 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像妻と只見線に乗車してきた。私は何度もあるのだが妻は初めてである。

武蔵野線経由でまずは水上を目指した。その武蔵野線では特急車両を目撃。この列車は団体臨時列車のスターライト舞浜と言う新潟発の夜行列車らしい。

春休みを利用した学生向きの列車だろう。


















画像高崎駅に到着すると言う頃、真っ黒な煙が見えた。SLだ。妻はSLが好きなようで今までの旅で一番はと聞くと真岡鉄道のSLと言う。


















画像高崎から上越線に乗り換え。この時間、高崎始発では無く新前橋始発と言うことに何故かなっている。しかも使用車両はロングシート。

上牧駅からは谷川連峰が見える。
















画像利根川の諏訪峡と言う渓谷に差し掛かると水上はもうすぐだ。



















画像水上駅前は比較的賑やかだ。スキー場や温泉宿がこの周辺にあるためだが新幹線は通らないし、特急も廃止されてしまって客入りは大丈夫なのだろうか。


















画像ここで少し早いが昼飯にした。妻は山菜や舞茸のてんぷらが入った蕎麦を注文。



















画像私は

「元祖 デゴソバ(SLそば)金箔入り」900円

を頂く。

趣向の凝った品だが妻のそば1080円より安い。












画像食後、饅頭と生どら焼きを購入し駅に戻る。待合室でなんと抹茶と饅頭の無料サービスを実施していた。本来はうれしいサービスなのだが気持ちは少し複雑。まあ、妻の食欲を考えるとこの先の道中は長いので買った饅頭は無駄になることはなかろう。

















画像水上発11時40分の列車はすでに入線していた。この列車は土曜休日のみ運転だ。冬休み期間は平日も運転してくれればいいのにと思う。

















画像ボックス席の存在する高崎発の列車が到着した。1本後のこの列車でも良かったのでちょっと残念。ただ、この列車に乗り換える客が多く立つ人も何人かいた。
















画像長岡行きの列車は定刻に発車。次の湯檜曽駅の少し手前からトンネルだ。その長いトンネルを抜けると新潟に入る。流石雪国、まだたっぷり雪がある。















画像越後中里駅前のスキー場は去年と違ってたっぷり雪があり多くのスキーヤーがいた。今はスキーよりスノボの方が多いかも。


















画像越後湯沢や六日町で乗り降りする客がそこそこいた。やがて列車は小出に到着。只見線に乗り換え。この只見線は震災の年の2011年の水害の影響で現在も不通区間が存在する。今回も18きっぷを利用した旅なのだが、不通区間があるので避けていたのだ。

お客はそんなに多くないだろうと思ったがそんなことは無く乗り換えのための階段は大混雑だった。乗車していた車両は運よく階段付近に停車してくれたのでボックス席が確保できたのであった。(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
只見線に乗車 その1 さんかく畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる