さんかく畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 常磐線に乗車 途中代行バスの乗る

<<   作成日時 : 2017/04/03 23:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像只見線に乗車した話の続きである。

会津若松から混雑した列車で郡山へ行く。

昼食をとりホームへ向かう。ちょうどボックス席は埋まってしまっていた。

列車はそこそこの乗客がいた。大きな街は無いが各駅で数人から多いところで10人位下車した。途中から空いたボックス席に移動。











画像以前、見学したあぶくま洞はこの神俣駅が最寄り駅である。



















画像この路線も夏井川渓谷など見どころがある。行ったことは無いが沿線に桜で有名な三春もある。


















画像いわきで乗り換え湯本駅で下車。今夜の宿はホテルパームスプリングスと言うバイキングが評判な宿だ。ビジネスホテルのような感じで景色はそれほどでもない。

















画像カニやローストビーフなど頂く。お刺身などもあり、食後のデザートも良かった。

食欲旺盛な妻もこの内容にかなり満足していた。

















画像朝食もバイキングだった。

再び送迎を利用して湯本駅に来た。足湯があるので浸かる。

















画像湯本から北上していまだ不通区間が残る岩沼方面へ向かう。

この日は天気が悪く波も荒れている。

















画像雨だったが途中から雪景色に変わった。やがて終点竜田に着く。



















画像ここから代行バスに乗る。竜田の駅は震災の影響は感じられなかったが実際はどうなのだろう。

















画像バスは期間困難区域とみられる場所に来た。人の気配が全くなく建物に入る道はバリケードでふさがれている。


















画像コメリがあるが当然営業していない。



















画像以前は代行バスにて途中で乗り降りが出来なかったようだが3月27日現在富岡や浪江などバスは停車する。4月1日から再び変更になるようで浪江に列車が来るようだ。


















画像送迎バスは7割から8割位乗車していて途中で下車する人も何人かいた。

小高駅で下車して列車に乗ることも出来るが本数が少なくこの時間かなりの待ち時間になるのでほとんどの人が終点まで乗車した。
















画像代行バスは原ノ町駅に到着。バスは観光バスのようでかなり大きかった。



















画像相馬野馬追の様子だろうか、駅舎の壁に見ることが出来る。

この相馬野馬追の起源はどうやら千葉県にあるようだ。平将門の時代だと言うからかなりと言うか相当古い。

相馬と言う地名ももとは千葉の安孫子から茨城県南部の地名だったようだ。

歴史に詳しくは無いが調べると結構面白いというかへぇということがある。











画像原ノ町駅からの車両はボックス席がある車両だった。

駅売店で買った食料を食べながら景色を見る。

















画像停車中の列車に津波が襲って車両が大破した新地駅だ。乗客は高台に避難し無事だった。

その新地駅は2016年12月にようやく復旧した。以前より内陸側に移設したようだ。















画像浜吉田の少し前から旧来からある線路と合流。

この後、岩沼で東北本線に乗り換える。乗り換えた列車はロングシートでしかも混雑していた。

福島と郡山で乗り換え宇都宮で夕飯。家に着いたのは22時過ぎだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
常磐線に乗車 途中代行バスの乗る さんかく畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる