さんかく畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯谷温泉駅から飯田線の旅を続ける

<<   作成日時 : 2017/05/18 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像4月に18きっぷを使って旅をした話の続きである。

湯谷温泉に泊まった。温泉は濁り湯でなかなか良かった。

露天からは渓流の音が聞こえる。














画像夕食は手の込んだ創作料理であった。


















画像献立表があった。

夕食後、貸切風呂を半額1000円で利用した。湯温が調整できるので妻には良かったようだ。
















画像翌朝、部屋から景色を見る。昨日も見えたが飯田線の列車が遠くに見えた。






































画像朝食。



















画像食後にラウンジにて無料のコーヒーを頂く。



















画像はづの豆菓子。旅館名のHAZUと関係があるのかは定かではない。



















画像チェックアウトし、湯谷温泉駅へ戻り飯田線の旅を続ける。



















画像2両編成の列車がやってきた。それほど混んでない。



















画像前方の景色は良く見えたが・・・



















画像転換クロスシートの脇の窓は汚れていてよく見えない。



















画像東栄駅付近は奥三河茶が名産のようだ。その東栄までが愛知県の駅。




















画像出馬から静岡県。


















画像中部天竜駅で暫く停車した。



















画像駅舎に急行飯田線秘境駅号のポスターがあった。チャンスがあれば乗ってみたい。

















画像水窪で特急伊那路とすれ違うが空席が目立った。



















画像秘境駅の上位にランクしている小和田駅に着く。この付近に県境がある。愛知と静岡、長野3県の境があるが陸上では無く川に境界があるようだ。


















画像その川とは天竜川である。

絶景の区間なのだが妻は昼寝の最中だった。















画像為栗はなかなか読めないと思う。してぐりと読むのだが昔勤務していた会社の同僚がこの付近の出身だった。

ちなみに為栗駅は2017年5月現在秘境駅ランキング17位だ。小和田駅がこの飯田線の最上位で3位。

他に田本駅4位、金野駅7位、中井侍駅14位、千代駅26位となっている。














画像その千代駅を過ぎると終点天竜峡だ。

天竜峡温泉や天竜ライン下りが観光のメインである。

















画像乗り換え時間があったので駅前商店にて食料を調達。パンも買ったが賞味期限切れだったことが車内で判明したため発車2分前にもかかわらずダッシュで交換してもらった。

遅れていた特急列車の影響で数分発車も遅れたので慌てなくても良かった。

その特急列車から降車する客は先ほどと違ってかなり多かった。

飯田線のお楽しみの区間はこれで終わりこの後は集落が多い地帯を列車は走る。

天気が良ければ中央アルプスや南アルプスの景色が見れたが曇り空だったのであまりよくは見れず。

(おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
湯谷温泉駅から飯田線の旅を続ける さんかく畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる