さんかく畑

アクセスカウンタ

zoom RSS トムラウシと化した?北岳登山敗退編

<<   作成日時 : 2009/07/19 21:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

予報を見ると関東周辺がまあまあ良かった。と言っても晴れは期待薄であるが。北アルプス方面の予定を変更して南アルプス、北岳〜間ノ岳縦走することにした。

奈良田のバス乗り場が判らなくて駐車場の上を登ってしまったりした。すぐに気づき引き返す。ちなみに坂の先には奈良田の里温泉という入浴施設がある。車を停めた所はその施設の駐車場らしい。

広河原に来るのは鳳凰三山登山以来3年ぶりだ。そのときは芦安からだったが。アルペンプラザと言う売店がいつの間にか移動していた。

画像前日からこのあたりは天気が良くないが、ポツリ程度の雨がまた降り出していた。広河原山荘で少し様子見。予報通り回復すると思い登山を決行。
















画像バスの助手が予想以上の人と言っていたとおり登山者の数が半端じゃない。大樺沢の上部は雪渓がある。どうやら5月に大量の雪があったらしく例年以上の残雪らしい。

















画像一時的に止んだ雨だったが二俣を過ぎるとまた降りだした。しかも雨粒が細かいが密度が大きくなってきた。シナノキンバイと思われる花が一面に咲いているが急登と雨のため他の登山者は見る余裕が無い。
















画像風が標高が高くなるにつれ強くなってきた。天気がよければ多少の風は汗を飛ばしてくれてありがたいが今回は雨粒とガスでとても楽しめる登山ではない。しかも稜線に出てからは雨と風の影響でトムラウシ状態(先頃、遭難のあった山)に化している。体感温度が相当下がっているのだ。

















画像北岳肩ノ小屋の入り口はたくさんの人であふれかえっていた。連休と言うことで布団1枚に付き2〜3人で寝ることになるかもしれない。

















画像と言うことで今回、テント持参で来たのだ。本当はこの先の北岳山荘までの予定だったが暴風で気力が萎えたのだ。すでに多くの人がテントを広げていた。端のほうにスペースが残っていたのでそこを確保。幕営料1人500円だ。係りの人が日没前に来て料金を徴収していた。例の混雑で皆先にテントを張っていたらしく金は後払いのようだ。私も同じで500円用意して待っていたが係りの人はどこかへ行ってしまった。暴風雨で外に出ると大変なのだ。まあ、翌朝払うことにして明日の天気予報の情報を得ることにする。

天気は晴のち曇(甲府)だ。今回は予備日があるので多少の行程の遅れはOKだ。ただ、稜線でのみ繋がる携帯で雨雲をチェックすると予報に反して雨雲が消えない。

それより2005年の幌尻以来のテントということで装備にいくつかの不備があった。一つは寝袋の下に敷くマット。もう一つは防寒対策だ。ズボンを濡らしてしまったので未使用だった合羽を利用したりしてしのいだ。

夜中になって風向きが変わりテント場はそれまで大したこと無かった風が酷くなった。それと携帯でレーダーを見ると状況的に今日もあまり変わりが無いのだ。低気圧が日本海を東進するときは日本海側と東北が雨域なのだが、今回は甲信地域にも現れたりしている。

稜線歩きで雨と強風にガスだと体力的に厳しいしそれより展望なくちっとも面白くない。結局縦走は諦めそうそうに下山することにした。標高3000mの肩ノ小屋にはきたが結局本邦第2の高峰にも、今年はまだ見られるらしい(他の登山者の情報)キタダケソウにもたどりつけなかった。

画像下山を開始時にはガスだけだったがすぐに雨が降りだした。ガスがきれ雪渓を下山する人が見えたりしたので天候が回復するのかと思ったが結局雨は多少の止み間はあるが降り続いた。こんな状況にもかかわらず今日もたくさんんの人が登ってきた。

広河原に下山。9時の奈良田行きに間に合った。それよりふもとでも強風が吹き荒れているので稜線はどうなっているのか気になる。

奈良田の里温泉に車で行こうと思ったのだが、停めたところがその施設の駐車場だったのは再び戻ったときに判った。おかげで停めたスペースは他の車が入っていた。

停めるところが無いので西山温泉の先にある湯島の湯と言う施設によって帰る。




画像今回、見ることが出来た花ではハクサンイチゲが場所によって綺麗に咲いていた。
















画像ツガザクラとかもあったがなにぶん天候が悪かったのでその他は取り損ねたあるいはうまく撮れなかった。

雨雲の動きを帰宅後もチェックしたが南アルプス方面はほぼ1日雨雲がかかっていたようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜^^
初めてコメント〜よろしくお願いします^^v

この3連休は天気に翻弄〜><
最初は、南アを2泊3日・・・でも、初日の
(土)の天気が今一なので、日曜、出発で・・・と
思ったら、日曜まで悪い0--0
結局、秩父の山に1泊2日荷変更(ココは雨降らなかった)

潔く撤退、良かったと思いますよ〜^^
北岳は、厳冬期を含め6度登ってますが
強風や雨の時は、ちっとも楽しくないし
危険・・・(1度だけありました・・・
越えて帰るしかないので仕方なしに)
山は、進むのは簡単ですが、撤退決めるのが
難しいし〜勇気も・・・^-^
また、好天の時・・・北岳からの富士を〜♪

幌尻、8月に行く予定です^^
また、何かあれば教えて下さ〜い^^v
みい
2009/07/20 09:41
北岳に6回も登られてる方の参考にはなるかどうか・・・
他のブログによると北岳肩ノ小屋は布団1枚に4人だったとか。
今日は比較的天気が良いんで出かけようと思ったが予報が外れるかもと言う疑心暗鬼と昨日までの疲労と濡れたテント等の後始末で家にいる。

アメダスでは今日は日照時間が思った以上に各地あるようだ。
M☆クラッシュ @管理人
2009/07/20 12:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
トムラウシと化した?北岳登山敗退編 さんかく畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる